びじねす

【やってみた】国内シェアNo.1のクラウドワークスに登録して、カンタン作業の仕事を受注してみたが、、

びずこんぱす「クラウドワークス」

昨今では、「働き方改革実行計画」のもと、「副業・兼業の促進に関するガイドライン」が出され、現在の「モデル就業規制」では、第14章において会社員の副業が原則として出来るものとなっています。

また、同計画が時間外労働の上限規制を設けていることもあり、

なにか副業してみたい。

と思われる方は多いと思います。
今回は、コロナ渦でもできるクラウドソーシング部門の
取扱高シェアNo.1クラウドワークスに登録し、実際に仕事を受注してみました。

この記事では、登録方法や仕事の内容、実際にやってみた感想を書いていきます!

クラウドワークスとは

 

びずこんぱす「クラウドワークスとは」

オンライン人事マッチングプラットフォームでシェアNo.1企業。
2019年通期の純契約額は148億円です。この数字を同業他社と比較すると、ランサーズが64億円、みらいワークスは35億円です。そして、クラウドワークスのワーカー数は2020年6月末時点で393.5万人と増えつづけています。

 

びずこんぱす「クラウドワークス ワーカー数」(出典:クラウドワークス第3四半期決算説明資料

注目のこの企業を実際に利用してみました。

クラウドワークスの登録方法

「3分でカンタン登録」と書かれています。

録方法

トップページの「会員登録(無料)」または、「まずは会員登録」を押します。
登録は、Facebook、Yahoo、GoogleのIDと連携できます。
そして、仕事を受注するか、仕事を発注するか選びましょう。

受注と発注は、どちらを選んでもログイン後に切り替えできます。

登録後は、一般的な情報を入力していきます。
仕事を受注した場合も、ケースによっては源泉徴収票が送られてきますので、住所や名前の登録は必須になります。

僕は、職種は「かんたん在宅ワーカー」を選択しました。

職種は公開プロフィールにて公開されます。

そして、金融機関を登録、本人確認書類を提出しましょう。
振込手数料は、楽天銀行を登録した場合は100円、他行を登録した場合は500円を利用者が負担します。

振込手数料の負担を気にする人は出金をキャリーオーバーすることも出来ますが、その場合の最長期間は180日です。

クラウドワークスでかんたん作業を受注しました

仕事を探してみますと、色々な仕事があります。

データ入力はBUYMAでの出品作業が多かったですが、
今回は、アンケートを1件55円(消費税込み)で受注しました。

クラウドワークスで仕事を受注した場合の流れ

タイムラインは次のとおりです。

  • STEP01
    仕事を探す
    プロフィールを充実させて、仕事を探しましょう。
  • STEP02
    仕事に応募する
    価格交渉はこのタイミングです。まずは実績を積むのがポイントです。
  • 契約
    契約後は相手の仮払を待ちます。
  • STEP04
    仕事内容の指示を受ける
    具体的な内容を指示されます。 チャットワークやスカイプがあれば便利です。
  • STEP05
    納品
    検収された後は相手の評価を入力しましょう。

①応募→相手の承諾

②契約→相手の仮払、指示(作業開始)

③作業をして納品→相手の確認(作業終了)

やり取りが最低でも3往復ありますので、それなりに時間はかかります。

価格交渉などした場合はもっと往復も増えます。

クラウドワークスでカンタン作業を受注した感想

僕のやったアンケートの仕事は記事を6本読んだ感想を送るという内容でした。
作業時間は 5分 × 6本 でした。

時給換算すると、、、

アンケートでお金がもらえると思えばお得ですね。

クラウドワークスの手数料

クラウドワークスのワーカー手数料はこちらです。

固定報酬制の場合
  • ~10万円以下の部分は報酬の20%
  • 10万円を超えて20万円以下の部分は報酬の10%
  • 20万円を超えた部分は報酬の5%

タスク形式の場合

報酬の20%

契約金額を「手数料を控除する前」とするか「控除した後」とするか、選ぶことができます。

僕の場合は、11円の手数料が55円の報酬から控除されていました。

まとめ

今回の経験から自分なりの意見をまとめてみました。

仕事を受注する場合

・仕事の種類が多い(テレビを見ながらコピペするだけの仕事もある)。

仮払制度により、報酬の未払いの心配はすくない。

・スキルや実績を積み、交渉をして高収入も。

・スキルがない場合は時給換算すると低賃金。

・やり取りの手間は少しある。

仕事を依頼する場合

手数料無料。

・最低賃金、その他の労働関係の規制にとらわれずオファーできる。

・納品後、成果物をチェックしたあとに支払いできる。

・クラウドワーク全般における情報漏洩のリスク(対応策あり)。

私見では、仮払制度がよくできてると思いました。
そして、依頼者側のメリットが大きいと感じました。

ー 考リンク ー

補足:秘密保持契約を結ぶ

びずこんぱす「クラウドワークス補足:秘密法事契約」

情報漏洩のリスクを危ぐする方への情報です。
クラウドワークスでは、ワーカーの方とかんたんに秘密保持契約を結ぶ機能もあります。

リンクフリー、相互リンク募集

広めていただけばうれしいです。

下のバナーを押してもらえますと励みになります。

ひよこのびずこんぱす「人気ブログランキング」        ひよこのびずこんぱす「にほんブログ村へ」 width=    ひよこのびずこんぱす「にほんブログ村へ」